読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天体観測

24時間年中無休で、自担がしんどい。

「雪に願いを」をな、お話を書いただけ。

他人の解釈を、見てしまうとそれに染まってしまう人間です。

ので、まずは歌詞と曲だけを聴いて、自分なりに解釈をしました。

これが正解ではないでしょうし、こう聴こえたのが私だけかも知れません。が、個人の解釈として楽しんでいただけたらと思います。

私の「雪に願いを」の、解釈は「遠い別の街に行ってしまった、彼女を思う歌」だと思いました。

例えば、就職だったり、進学だったり、引越しだったり…… 実際に、そういうことで別れる人がいるかは私には分かりませんが、そう思ったんだもん!(逆ギレ)

まず、私的に解釈に一番困ったのは「違う空の下」というところ。

「絶対この同じ空の下にいるはずだよ!」って、夢原さん家ののぞみちゃん(キュアドリーム)が言ってた!だから、違うそらなんてないんや!(謎のプリキュア)

じゃあ、「違う空」とはなんなのか。

私は、「違うところからみた空」なのではないかと解釈しました。

例えば、私が住む県は今現在晴れています。が、新潟や沖縄では雨という予報が出ています。

同じ空ではあるけれど、違う空…… こういうことなんじゃないかなと、思いました。

「君にも見せたいんだ」という歌詞では、彼女がずっとその街に住んでいたのならは、新しい街では不安を少なからず抱いてると思うんです。

とっても関係ないのですが私も大阪遠征に行ったとき、見るもの全てが新鮮で楽しくもありましたが、別の世界に来たようにも思えて不安にもなりました。不安になったとき、少しでも見た事のあるものを見るとなんだか感動して安心してしまうものです。

特に、帰ってきたときの安心感は大きかった!

彼女もこんな、気持ちになるのではないのでしょうか。

だから、この街と同じ雪が降れば安心できるだろう?

と。

「雪に願いをかけた」

「あっちでも頑張れ」とか、「元気でね」だとか……そんな願いかな。

自分の代わりに、彼女の背中を押してほしい。

そんなことも、いいかもしれない。

と、矛盾があったりするかもしれないけど自己解釈してます。

そんな曲を、はまこたが歌ってるなんて…… また聴きたいよ……(なうぇすと 横アリ のみ参戦)

以下、自己満しかないお話。

※本人様には、関係ありません。好きな人で、脳内変換していただければ幸いです。

はあっと、吐き出したため息。含まれる水蒸気が、一気に冷やされて水滴に変わり、白くかたどられる。

凍える街は、例年よりも寒いらしい。もしかしたら、君が側に居ないからなのだろうか。
それを、知るすべはないのだけれど。

鼻の奥が、ツンと痛む。

君の今住む街は、ここよりきっと暖かい。天気予報を見る度、君の街のところまで見てしまういらない癖がついた。

今日は、晴れだね。
元気ですか。

「雪の結晶はね、“りっか“とも言われるんだよ」
「“りっか“?」
「漢字の六と花で、“りっか“。雪の結晶の基本の形はね、六角形でお花見たいでしょ?だから。綺麗だけど、肉眼じゃ見れないし…… すぐに溶けて消えちゃう。儚い花だよね」
「へぇ」
「ちょっと、なんで笑ってんの?」
「ごめん、ごめん。よう知っとるな」
「でしょ」

俯きながら歩くオレの肩に、降る花。君の幻影が、隣で自慢げに笑う。

オレは、去年と同じようには笑えないよ。

肩に乗った雪を、手で払う。右手に触れたのは、0℃ 。でも、君の体温は覚えてる。

オレは、まだ君を忘れられていないんだ。

「忘れられたら、楽なんやけどな」

冬空に舞う、雪に願いをかけた。

「元気でな」
「風邪ひくなよ」
「オレを越えるぐらいの、いい男捕まえろ」
「あっちでも、頑張れよ」

こんなにも、こんなにも愛しています。

そんな気持ちも、君には届かない。

まるで、この街には降る雪が君の街では降っていないように。

ならば、街を静かに白く染める雪だけ君にも届け。空は違うけど、君にも見せたいんだ。

「私ね、寒いけど雪嫌いじゃないな」

オレの代わりに、背中を押してやってくれ。

真面目で優しくて努力家な、人に甘えたり弱みを見せるのが苦手で、溜め込みがちな君を支えて欲しい。

雪に願いを、込めて。

「オレも、雪嫌いじゃないで」


たかはし

追伸 大貧乏の木暮くんかわいいので、もっと出番ください。








遅くなりましたが、「ジャニーズWEST 1stドームライブ 24から感謝届けます」レポ

1回間違えて消して、書き直すのに時間がかかりました。
どうも、お久しぶりです。たかはしです。
2016年も終わりまして、2017年…… 今年こそ、彼氏を作ってヲタク卒業したいです。(無理)

我が軍の、1stドームライブ「24から感謝届けます」からもう今日で2週間程が経ちました。

2週間というと長いように思えますが、あっという間だったなあと私は思ってます。皆さんは、いかがでしょうか。
ロスから立ち直れた人、未だにロスの真っ只中にいる人、いるとおもいます。私は、もちろん後者です。

なうぇすとツアーも始まり、1月7日には横アリ全9公演も終わり(なうぇすとレポは後日)、ジャニストロスが心底辛い今日この頃です。

加えて私は24魂、24日と25日1部に参加したのですが、レポを見て「なんで25日2部参戦しなかったんだ」と後悔を未だに引きずってます…… バスの時間が心配で、チケット取らなかったのに、全然間に合ったやないかーい!!はあ!!

2部以外にも初大阪、初ドーム、初ジャニスト…… 初めてをいっぱい経験しましたが、反対にもっと「こうすれば」「あーすれば」という後悔もあって。

また、大阪行きたい!

さて本日は、24魂レポを遅くなりましたが書いていきたいと思います。

まずは、セトリから……!

1曲目 ええじゃないか
2曲目 ズンドコパラダイス
3曲目 ジパング・おおきに大作戦
4曲目 パリピポアンセム

挨拶

5曲目 SCARS
6曲目 Can’t stop
7曲目 Criminal

Jr時代メドレー

1曲目 アメフリ→レインボー
2曲目 STAY GOLD
3曲目 Dial up
4曲目 NEXT STAGE
5曲目 シルエット

メドレー

1曲目 粉もん
2曲目 100% I Love you
3曲目 浪速一等賞

MC

8曲目 ボクら

関西Jrコーナー

1曲目 Happy Happy Lucky you !
2曲目 Dream Catcher
3曲目 BIG GAME

クリスマス メドレー

1曲目 シンデレラ・クリスマス
2曲目 Lovely X’mas
3曲目 MIRACLE STARTER〜未来でスノウ・フレークス〜
4曲目 WISH
5曲目 Sexy Summerに雪が降る
6曲目 SNOW DOMEの約束
7曲目 SNOW SNOW SNOW
8曲目 10年後の今日の日も
9曲目 Colorful Magic

9曲目 エエやんけェ‼
10曲目 アカンLOVE~純情愛やで~
11曲目 ホルモン~関西に伝わりしダイアモンド~
12曲目 CHO-EXTACY
13曲目 One chance
14曲目 ラッキィスペシャ
15曲目 バンバンッ!!

挨拶

16曲目 All My Love

アンコール

17曲目 人生は素晴らしい
18曲目 青春ウォー!!
19曲目 マ・ル・モ・ウ・ケ

計39曲(誤字等ありましたら、すみません)

バックは、関西ジャニーズJr。(25日 1部はバック無し)

時間は3時間位(25日1部は、2時間ちょっとかな?)

セトリ引用元:Live Fans


修学旅行以外では、初の友人との旅行…… これまた、人生初の夜行バスに揺られ、大阪に着いたのは朝の6時すぎ。

もう見るもの、聞こえてくる大阪弁、すべてが新鮮でワクワクドキドキ!

朝食を食べようとお店を探すのも、電車に乗るのも、一苦労。

だけど、遠征ってすっごい楽しい!

電車に乗れば、今回の24魂の真っ赤なバッグがちらほら…… なんだか、少し感動しました。

京セラに着けば、ジャス民の数は倍以上。

コミケを彷彿させるグッズ列に、初参戦者たかはしは興奮しかない!

人の多さもそうですが、隣に立つイオンの便乗感も面白い…… ジャニーズの力を感じざるおえませんでしたw

ただ、すごく寒かったのは辛い点。

会場時間の17時は、あっという間。公演時間の18時だって、すぐにやって来た。
チケットを見せ、某夢の国みたいに手荷物検査を済ませ、会場に入れば向こうにいる人や上にいる人の小さいこと……

会場に入って感動した点は、「人の多さ」と「会場の広さ」。

「すごい」

語彙力の無い私は、そうとしか言えませんでした。

本当にね、すごいの!私、ビックリしちゃったw

今回のペンライト(ペンじゃないけど)は、7色に変えられるということで客席は7色に輝き、まるでお花畑のよう! ペンライト綺麗!!

ちょっと、なめてました。

会場に流れる「えぇじゃないか」に合わせて揺れる、息の合ったペンライトの花に、息を呑む。

あれは、忘れられない光景。

そして始まる、ジャニストコールには 「始まるんだ」という興奮もありましたが、なにより「DVDで見た、あの光景に私も参加するんだ」という興奮のが強かった印象があります。

暗くなる会場、湧き上がる歓声。

「ああ、始まる」

そう思うと同時に、「終わってしまうんだ」という悲しみや寂しさもあったり…… ロスが早い!気持ちが早い!

OPムービーは、クリスマスということで、WESTさんはサンタクロース(と濵田はトナカイ)に。

誰もが「かわいい」と思う中、私はというともう泣きそうになっておりました。

泣くのも早い!

OP映像の終わりには、ソリを走らせていたトナカイの手綱が離れ、ソリとWESTさんは京セラドームの天井へ落ちていく。

「まさか、天井から……?!」

なんて、思わず上見ちゃった人間です。どうも。

幕が落ちて、スポットライトが7人を照らした。

「えぇじゃないか!」

はい、ここでもうたかはしはボロ泣き。

いやもう、DVDや雑誌とかでしか見たことなかった「ジャニーズWEST」が居るんだよ?席は、それなりに遠かったけど、そこに!!さ!!

しかも、「えぇじゃないか!」って始まるの!私、DVDで見た!やっと会いに来れたし、参戦出来て嬉しくって……!

そんな泣くのが早かった私は、ノリノリな友人の横で「生きてる」と号泣。 回りの方々へ、25日1部のスタンドキャリーの件といい、ご迷惑しかお掛けしてなくて申し訳ありません。

「DVDで見た」

その興奮は強いもので、ずっと「夢を見ている」という気持ちでした。

SCARSからCriminalの、かっこいい曲続きのせいで、ただでさえギリギリのHPは大幅に削られました。
大好きなSCARSの「疼く傷跡」、Cant'stopの「作り笑い浮かべて」では、双眼鏡で小瀧をガン見しながら耳はぞうの耳にして聴かせていただきました。かっこいし、エロいし、しんどいです。(語彙力無し)
Criminalでは声の裏返り(?)、大好物なそれを聴くことができ、このセトリを考えた人(淳太くんとかかな?)に感謝しかないです。

「また聴きたい」「また歌って欲しい」と思っていた人も多いだろうJrメドレーは、はっきり言ってズルい。

モニターに流れる、Jr時代の7人の映像に涙を流す人は少なくなかったと思います。

私は新規ですので、やはりJr時代から彼らに出会って、応援していたかったという気持ちを感じたり、長くファンをしている方を羨ましいなあと思うとともに、ファンに愛された素敵なグループに出会えた幸せを感じました。

Jr時代メドレーは、B.A.D.の「アメフリ→レインボー」から始まりました。

私も、7WESTの「Dial Up」が聴けて本当に良かったです。

7WEST時代のものは神山くん、重岡大毅がボーカルメインな気がしましたが、今回はパート分けが変わっており、神山くんパートの「おまけにRain」が小瀧だったり……

フルや、ほかの曲も聴きたいのですが、Jr時代メドレーはやはり「初ドーム。しかも、地元」という特別感のたわものなのですかね。

とすれば、次聴けるのは東京ドームなのかなー?(期待)

メドレーとMC後、なうぇすとから「ボクら」。

重岡大毅の「ボクはキミの陽だまりになる」の、破壊力の大きさに合掌。
画面や雑誌でもリア恋感溢れる彼は、生だとさらにリア恋感増してて恋する乙女にさせられた。

話は変わるんだけど、バックのJrにちびジュがいて感動。

双眼鏡越しだけど生斗亜くん、かわいかった…… また見たい…… 大阪、飛ぶか…… (軽率)

クリスマスメドレーでは、真っ白な衣装に着替え、スモークの上がる花道(?)を歩く姿は雪の精。

りゅせじゅんの「WISH」も、可愛くて寄り添い合いたくなったけれど、やはりクリスマスメドレーの目玉は「セクサマ」と「SNOW DOME の約束」の流れ。

流れる音楽と共に、ステージ下から出てくる濵田。

「メーリクリスマスッ!」

「ああ、濵田セクゾ歌うんか!」ってなったのも束の間。すぐ曲が変わり、真ん中のステージで踊る小瀧と重岡大毅と淳太くんにスポットライトが当たる。
そして次の曲と思いきや、再び「セクサマ」が流れ始め濵田の登場。しかし、また「メーリクリスマスッ!」とだけ言って「SNOW DOME の約束」が流れる。そのくだりを、もう1回やって「もうえぇわ!」の笑う淳太くんのツッコミ。

すごい耳に残るよ……!濵田!!メーリクリスマスッ!

もう、淳太くんツッコミお疲れ様です。

歌い続ける小瀧かわいいし、淳太くんに注意する重岡大毅かわいいし、もうあれはかわいいに寝込むからDVD待ってますね。

最終的に「セクサマ」歌った濵田のセクゾマネも、面白かった!

クリスマスメドレーも終わり、急に画面に出たのは「待望の新作」の文字。

ザワつく客席、流れだした曲は「エェやんけェ‼」

振り付け忘れてなくてよかった!!

それからの「アカンLOVE」「ホルモン」の流れは、恒例化しそう。

それにしてもパリピポでも言ってた、念願の京セラで「アカンLOVE」出来てよかったね!(心はママ)

再び流れ出す映像は、先程と変わってカッコよさ100% 。

実はネタバレになるのですが、なうぇすとでもこの後の映像は流れました。が、最初のは流れていなくて…… やっぱりDVD……

映像で骨抜きにされていたのに、会場に響くのは「CHO-EXTACY」という小瀧のエロい囁き。

客席からあがる黄色い声に、「それな」しかない。私もあげたけど、「きゃあ」なんてあんな女の子らしい声出たことにびっくり。

いや、女にさせられたのかも…… それぐらい、エロい。

衣装もダンスもエロい、それ以上にカメラワークのエロさはギルティ。 カメラマンさんに、チップあげたい。

ちょっと説明が汚いんだけど、股間から引いて映してくの狙ってるよね?命中だよ?ヲタクは、瀕死状態だよ?

そんな、殺傷率の高い「CHO-EXTACY」の後に「One chance」…… だから、セトリ考えた人ズルいんだって!! 超いい!!

そんな、かっこいいもかわいいもWESTさんらしさもえっちさも詰め込まれた初ドームコンサートも終わりの時間。

天月くんのライブでも思うんだけど、本当に3時間とか2時間とか長いように見えて、すっごい短い。

メンバーの挨拶では、「ドームという場所での思い入れ」や「京セラドームでの思い出」などなど、涙ぐむWESTさんに私も釣られそうになりました。

中でも印象に残っているのは、重岡大毅の挨拶です。

「あそこから、10年前の自分が見てる気がして…… “やったよ“って言ってあげたい」

と見学スペースに手を振る。

それを見て、「ああ、アイドルだ」と胸が苦しくなりました。(アイドルのキラキラさが大好物)

新規だけれども、それでも声を大にして言いたい。

ジャニーズWESTの7人に会えて良かった。好きになれて良かった」

そんな感動的な挨拶からの、最後の曲「All my love」。

だから、セトリのズルさ!!

初ドームが発表されたとき、チケットの振込みも当落も発表されていないのに、軽率にホテルを予約して、少し後悔したこともあった。

けれど大阪に、行ってよかった。思い切りって時には、大事。

なんてちょっとだけ、自分の軽率さに感謝したり。

彼らが去った会場に、ジャニストコールが響く。

再び現れるWESTさんたちは、自分のカラーのサンタ衣装を来て登場。ソリにのって、スタンドとアリーナの間を1周。

双眼鏡から覗けば、かわいいサンタさんたちがお手振りとかファンサしてる姿が見えてかわいいの極み。
双眼鏡の素晴らしさを、知りました。

アンコール最終曲「マ・ル・モ・ウ・ケ」でのコール&レスポンスに、感動。

さらに、さらに、お決まりの「オレ達が、ジャニーズWEST」と叫んでからの銀テ発射は、もう胸熱。

退場規制も若干、楽しかったり……

終わった後ホテルに帰る道では、ずっと「すごかった」「もうね、すごい」と、「すごい」以外言えないぐらい語彙力の低下が著しかった。

でもね、本当にすごかったの。

25日は朝遅刻してキャリー預けられなくて、回りの人に迷惑しかかけてなかったり、2部に行かなかったことを大阪駅で後悔したり、夜行バスに携帯忘れて取りに行くのに迷子になり半日以上かかったり…… 色々な失敗もあった大阪遠征。

けれど、フォロワーさんに会ったり、初ドームで泣いて笑って叫んで踊って…… 本当に充実したクリスマスでした。

リア充だった!

上手いまとめ方が思い浮かばなかったので、レポ終わり。

次は、なうぇすとレポでも……

たかはし

新規による、「古参新規問題」の考察

私は、このジャニーズという界隈に足を踏み入れて今月で、6ヶ月目の新規の中の新規だ。

新参者の私にとっては、この界隈には「激しい古参新規格差差別問題がある」と偏見を持っていた。
けれど、いざ飛び込んでみると思っていたより格差や差別なんてない。

古参の人でも優しく布教(違う)してくれるし、新規は新規で仲間意識が芽生え情報の共有をして、少しでも多くの知識を身につける。

いや、どちらかと言ったら「古参新規格差差別問題」は、歌い手界隈のが強いのではないか?

と、まで思った。

いや、本当に今まで抱いてきた「ジャニヲタ=怖い」という偏見が砕け散った。

そして面白いことに、ジャニヲタの中でも分類があるということにも気づいた。

・下ネタに特化したジャニヲタ
→偏見しかないが、WEST担に多い気がする。たいていが、JC(女子中学生)からJK(女子高校生)。

・ふわふわ系
→同担拒否なイメージが強い。同担拒否してなくても、同担が足りてる。

キチガイ
→FF内での団結力が高い。画像の加工が上手く、パリピが多い。

・語彙力が高いジャニヲタ
→フォロワーが多く、身内での繋がりが強い。成人済み社会人が多く、よく積む。

・The ジャニヲタ
→一途、DDと分かれるが、自担によく積む。雑誌、ジャニ写にも積む。
彼女情報に敏感。マナーにうるさく(いわゆるマナー厨的な)、「誕生日までに〇〇RT」や「〇〇信者」みたいなタグをやりがち。
偏見しかないが、Jr担当や嵐担セクゾ担JUMP担に多く年齢層は低め。
悪く言うと盲目、良く言うと一途。
ジャニヲタの象徴。notジャニヲタは、この印象が強い。

など、様々なジャニヲタ(100%偏見)がいる。

私の想像上の「ジャニヲタ」は、一番下の「The ジャニヲタ」なのだが、どちらかと言ったら最近では絶滅危惧種になるのではないだろうか。

もしかして、見てないだけ?

私のフォロワーにこの「The ジャニヲタ」タイプは居ないのだが少し観察していくと、このタイプの多くが、「古参新規問題格差差別問題」を引き起こしているのではないかと思った。

現場の数、歴、ファンサの数=愛
多ければ多い程、強いファンなのだ。

そう考える人が、多いタイプなのではないかと偏見を少なくとも私は持っている。

また、このタイプでは無くともそう考える人は少なくないだろう。

そりゃあ、現場の数が多ければ、ファン歴が長ければ、ファンサの数が多ければ、すごいに決まってる。自慢したくなるのも分かるし、自慢したって構わない。

しかし「これだから新規は」と言われても、どんなにファン歴を続けても、古参にとって見ればずっと新規は新規のまま。

新規と古参は、平行線上のいる。

開き直るわけではないが、なのに偉そうに胸を張られてもスタート地点がズレにズレているのだから、勝負にすらならない。

これじゃあ、「弱いものイジメ」「怖い」とレッテルを貼られても、文句は言えないと新規ながらに思う。

人種や種族差別を改善するためには、まず他人と自分の価値観を理解し合い尊重し合うことが改善の第1歩なのではないか。

そう社会の授業で思う人間としては、これは「新規と古参」両者の間にも言えることだと思う。

現場の数、歴、ファンサの数=愛
多ければ多い程、強い。

と、考えるのは勝手だが、それを押し付けてしまうのいかがなものなのか。
自分の物差しだけで、人を計って比べてはいけない。

自分は自分、他人は他人。

そう割り切って、自分のスピードで自分のできる範囲で推していく。

それこそが、ヲタ活の全てだと思うので、何が言いたいかと言うと「歴なんて関係ない」その一言に尽きる。

大事なのは、「自担が好きだという気持ち」。

駆け足で書ききったが以上で、新規による「古参新規問題」の考察を終わります。

異論は認めるけど、一個人の意見として理解してもらいたい(切実)

たかはし

WESTに実写化出演していただきたい少女漫画

ジャニーズWEST

 くだらなく、どうでもいいアンケートにお付き合いありがとうございました。
一番、投票率が高かった「WESTさんに、実写化出演していただきたい少女漫画」を発表していきます。
たかはしの独断と偏見しかありません。悪しからず。
また、1巻だけ、試し読みのみ、立ち読み、だけの知識しかない作品がほぼです。ご了承ください。

溺れるナイフを見てから空前の少女漫画ブームが、訪れています。
見たい少女漫画が増えていく一方で、ついてけない…… おすすめがあったら、是非教えて欲しいです。

ちなみに、たかはしのおすすめは「恋わずらいのエリー」です。友だちに、絶賛布教中!(ヲタクあるある)


□ 中間 淳太

『ゆれるるる』 作者 加賀やっこ

▷謎の新任教師 九条

あらすじをざっくりと説明すると、合唱部の部長の少女と謎の新任教師の話。

ベツコミで連載中のこちら。

1巻しか見ていないのですが、これは購入を考える…… なんでって、絵柄がかわいいのはもちろん、話が面白い。先が、すごく気になる。

淳太くんにぴったりだと思った理由は、「先生役やって欲しい」と思ったのと、絶対似合うスーツに眼鏡、同じ栗ちゃんヘアー。あっもう、淳太くんしかいない(確信)。

作中で、九条は「奥さんがいる」といっていたのでもしかしたら既婚者…… 不倫したいジャニーズ1位(たかはし調べ) 中間淳太が、やるべき既婚者役(偏見)。

それに、たまらない点はここだけじゃない。

「奥さんがいる」と既婚者であることを明かしたのに、主人公の合唱部の少女(JK)とキスしちゃったり?しちゃうんですよ?たまらないね?(性癖)

九条のキャラの、ミステリアスさと胡散臭さが淳太くんとマッチしてる。

しかも、大人げなく主人公に「僕は、君が嫌いです」っていうシーン。
はっきり言って、淳太くんに言われたさしかない……

普通に、読んでもらいたい。

淳太くんは、少女漫画キャラにおいて同級生や幼なじみ役より先生や職場の上司役が(年齢的に考えても)似合いそうですね。

是非、試し読みしてみてください。


□ 濵田崇裕

うさぎドロップ』 作者 宇仁田ゆみ

▷主人公 河地大吉

あらすじをざっくりと説明すると、 30歳の独身男と祖父の隠し子の少女の話。

松山ケンイチさんが、実写化していたこちら。
少女漫画ではない(?)のですが、中々思いつかなかったんや……

なにはともあれ、2016年旦那にしたい男 1位 濵田崇裕と合わせると最強な幼女の組み合わせはトキメキしかないと思うんだけど?
こちらら、試し読み程度しか見たことがないので……とりあえず映画を見てみたい。行く行くは、漫画も見たい。

幼女と大人の組み合わせや、年の差が大好物(表現がヲタク)な身としては、是非とも読んでみたい作品です。

親子的な話かと思いきや、恋愛要素があるんですね!?

わい、めっちゃ好きやねん!

私の中で濵田は、近所のお兄さんか親戚のお兄さんという設定が強い。

「妹としか、思ってへんよ」とか言われたい……

言われたくないですか?(真顔)


桐山照史

『素敵な彼氏』 作者 河原和音

▷やりたいことしかしないタイプ 桐山 直也

あらすじをざっくり説明すると、彼氏が欲しい女子とそれを面白いと見守る男子の話。

別冊マーガレットで連載中のこちら。
ち、ちが…… 名前が同じだからってわけじゃ…… あの……ちょ……(図星)

いやいや、女の子がですね…… めっかわ…… 絵柄も好みで、話も面白い◎
私も、彼氏が欲しいよ!青春したかったよ!(LJK)

桐山くんが女の子と出会って初っ端「一生カレシ出来なさそう」って言うシーンがあるのですが、照史くんじゃ想像つかない…… でも、ちょっと言われたかいかも(ドM)

女の子のキャラが、新鮮な作品。
例えば、彼氏もいないのにカウントダウンのカップルシートのチケットを買ったり、彼氏を作るためにバイトを始めたり……

それに桐山くんのリア恋感も、すごい。
桐山って名字は、リア恋枠の証なのか……?(違う)

なんにも言わずにバイト帰り女の子を家まで送ってたり、彼氏が出来なくてカウントダウン行かなかった女の子をカウントダウンに行こうって誘ったり…… 試し読みで、この話は読めるから是非!

こちらも、購入を考えます。

重岡大毅

ライアー×ライアー』 作者 金田一蓮十郎

▷ 義弟 透

あらすじをざっくり説明すると、義弟が女子高校生姿の姉に恋をしちゃう話。(すごく雑)

デザートで連載中のこちら。
初めて試し読みしたときから、買いたいと思ってる作品。

この透くんが、随分女ったらしだったんですけど重岡にやってもらいてえー!(欲望)ペットのヤドカリの紹介をするシーンも、是非やってもらいたい…… (7巻)

本当は、「きょうは会社休みます。」の田之倉くんとも迷ったのですが、こちらを選択させてもらいました。

話の内容は、少し大人向けな気もしますがすごく面白い作品です。
弟に欲しいジャニーズ2位(たかはし調べ)の重岡大毅に、ピッタリだと思ったり……
大人しいキャラなのですが、透くんかわいいの!

「ウェディングドレス似合うと思う」って、姉に言うシーンがある(9巻)、重岡大毅に「ウェディングドレス似合うと思うで」とか言われたい。えっ、言われたくない?!

こちらも、試し読み出来るので是非!

(巻数については、間違っていたらごめんなさい)

神山智洋

『きみはかわいい女の子』 作者 いちのへ瑠美

▷隣のクラスの マサムネ

あらすじをざっくり説明すると、細く骨ばった体がコンプレックスの女の子と自然体で真っ直ぐな性格の男の子の話。

別冊フレンドで連載中のこちら。
溺れるナイフの試写会の、応募券のために別フレ買ったときに気になった作品。

いやもう、見た瞬間迷わず「神山くんだ」ってなりました。神山くんもなかなかリア恋枠なんですけど、マサムネくんもなかなかのリア恋枠度が溢れ出てる。

「細すぎる体がコンプレックス」なんて主人公が、新しいと思いました。

ピン留めのくだり(1巻)で恋に落ちるはずだから…… 騙されたと思って、神山くんで脳内変換してみ……

神山くんは、私の中で「主人公に片想いし、片想いで終わる報われない方の男の子(偏見)」というポジションについています。

理由としては、神山くんのせつない演技(なにわ侍参照)が好きだからだと思ってる。

いや、神山くんの演技を見たいからVBB行ってない私のために(わがまま)も是非ドラマのお仕事お願いします。

藤井流星

『午前0時、キスしに来てよ』 作者 みきもと凜

▷イケメン俳優 綾瀬

あらすじをざっくり説明すると、イケメン俳優と誰もが認める優等生の女の子の話。

別冊フレンドで連載中のこちら。
「きょうのキラ君」「近キョリ恋愛」の作者さんの、作品です。
別に、ツインを狙った訳じゃないんだよ?(近キョリ恋愛 出演 小瀧望

こちらはね……はい…… 買います!(軽率)

絵柄は好きだし、話も好きだし…… 買う…… 買わせてください……
実は、映画がもうすぐ上映の先生の別作品「きょうのキラ君」が見たいんですよね。あー、キラくんを藤井でもよかった気がし始める。(優柔不断)

決め手は、「イケメン俳優」ってところですね!単純とか言わない!

いやいやこの綾瀬くんのキャラが超、いい!(葵くん風)

なんと、「イケメン俳優」の裏の顔は生粋の「おしり星人」。

テニスコートを見ながら(その見てる際の動作の変態具合が百点満点) 「JKのケツはムチムチでたまんねーな」とか、「パンツが見えればなおよし」なんてことを言っちゃうんです!イケメンが!

それだけではありません。

小石につまずき転んでしまい、盛大にパンチらをするシーン(1巻)があるのですが、それに無言でぐっと親指を立てるんです。それも、いい顔で……

ほんと、JKのケツよりたまんねえキャラしとるわ兄ちゃん!

是非、藤井にもスクリーンで「JKのケツはムチムチでたまんねーな」って言って欲しいです。待ってます…… 期待してます……

小瀧望

『恋わずらいのエリー』 作者 藤もも

▷ ウラオモテ男子 近江

あらすじをざっくり説明すると、学校のイケメン王子と変態喪女な女の子の話。

デザートで連載中のこちら。
最初の方でも言いましたが、今年のたかはし少女漫画大賞作品です。

なんてたって、近江くんがかっこいい!

立ち読みしたその週に、全巻集めました。

絵柄も、話も、最高!

特に女の子のキャラに、親しみを感じざる負えません。女の子は作中、荒ぶった妄想をツイートするのですがそのIDをTwitterで検索すると…… なんと、そのアカウント実在しちゃうんです!(※作中では、ハイフォンですがアンダーバー2つに変わります)

また、小瀧✕近江くんの組み合わせは漫画を買った当初から決めていました。それぐらい近江くんをこたのぞにやってもらいたい……

試し読みだと、まだまだここからなのに……!ってところで切れてしまうので購入か(布教)ブックオフなどで、是非見てみてください。

読めばほとばしるこたのぞ感に、頭を抱えます。

女の子の顔にジャージを被せ、その上からキスをするシーン(1巻)があるのですが、あれは流行る…… されたいもん……

こたのぞは、本当に少女漫画から抜け出して来てる(違う)ので、また少女漫画実写映画に出てもらいたいものです。

女装が素晴らしくかわいいので、「キミノネイロ」など女装男子✕女子みたいな作品でも面白いかもしれない……


以上で、発表を終わります。

どれも私的には、なかなかの配役センスなのではないかと自負します。

是非、試し読みしてみてください。

舞台に、映画に、ドラマ。クリスマスには京セラドーム、そしてツアーなどなど…… 快進撃のWESTさん、6月から応援してる身ですがこれからも応援してます。

たかはし

【今夜、君が待つあの丘へ】 豊洲公演 レポ

天月-あまつき-

久しぶりに、天月くんのライブのレポを書きます。

とりあえず、先に一言言います。

「いや流石、私の王子様(痛い)」

ええ、久しぶりのワンマン(約7ヶ月ぶり)度肝抜かれてきましたよ……

相変わらず、セットの凝ってること。前回のツアーのセットと同じだった…… 気がします。
流れるBGMと諸注意といい、少しディズニーな雰囲気が出てました。(例えるならホーンテッドマンション

それでは、先に豊洲公演のセトリ。

1曲目 流れ星
2曲目 White Line
3曲目 気まぐれメリーゴーランド
4曲目 お邪魔チックlover
5曲目 Starduster
6曲目 1/6
7曲目 DiVE!!
8曲目 シューティングスター
9曲目 繋がる
10曲目 LIFE!!
11曲目 愛鍵
12曲目 Dear Moon (Piano Ver.)
13曲目 Dear
14曲目 コスモノート
15曲目 ネバーエンドランド
16曲目 小さな恋のうた
17曲目 ホシアイ
18曲目 君が待つあの丘へ

アンコール
1曲目 Butter-Fly
2曲目 Hello,My Story

※間違っている点あったら、コメントにてお願いします

前回の記事でも書いた、聴きたい歌(流れ星と、White Line)に大好きな歌(特にコスモノート)を聴けて大満足です。

また12月14日に発売の2nd Major Single 「DiVE!!」から、「DiVE!!」フルも聴けました! これは、行きに乗った黄色い電車のおかげ……ってデジャヴ感。

懐かしい話なのですが、去年4月にあったツアー「Hello World ! 」の際にも、行きに黄色い電車を乗りました。そして、聴きたかった「アイのシナリオ」を聴けた思い出が…… って、この話は置いといてレポにもどります。

このライブでは後ろのスクリーン(?)も使っていて、歌ったりMC中の天月くんを映したり、会場の様子や動画などを流したり、ほかにも企画でサイリウムを参加者全員に配ったりと豪華なライブとなっていたと思います。

企画の説明は話すと長くなるので割愛しますが、docomoの東北復興プロジェクトソング「繋がる」のPV撮影で使いました。
またカメラも入っており、インフォさんもツイートしていましたが映像化…… (フラグ)
企画のほうは、しばらくしたら天月くんから発表があると思うので楽しみにしています。(DVDは期待)

セットも凝っていましたが、同じぐらい朗読も凝ってる。途中途中ある、お話。ひとつひとつの文書が綺麗で、キラキラしていて、少女漫画を彷彿させます。素敵なお話でした。

登場の際に帽子を落とし、アンコールの際にニット帽を落としたり、曲を忘れたり、歌詞を忘れたり、間違えたりとアクシデントが多々ありましたが、天月くんかわいから全てよし!(甘い)

天月くんの分身(パネル)が、横浜にもあるみたいなのでツーショット撮りに行きたい……
そんな、分身(パネル)を紹介する天月くんがばりかわいかったです。 最後は、一緒にお写真撮ったりと欠席した正宗くんの代わりに活躍していました。

そして春色音日記、夏色音日記に引き続き、弾き語りもやってくれました。
ピアノで、愛鍵。
ギターで、Dearと数曲。
初天月くんギターに、胸がドキドキしました。

小さな恋のうたでは、高校で所属していた部活流のフリをしたので浮いていたと思います。
アドリブも、かわいかった◎

喉の調子が悪く、叫んだときにむせてしまいご迷惑おかけしました。ごめんなさい。

WESTさんではできない持っていけない、キンブレを回しまくって振りまくった上に、これを打っているので流石に腕が疲れました。

明日、学校なんて信じたくない(絶望)

ほかにも「ここのフレーズの歌い方が、どう良かった」とか言いたいのですが、前回の記事と同じことしか言わないし、天月くんのかわいかったところとか話したいんですが、語彙力無さすぎて「もう、楽しかった」しか言えないのでこれで終わりにします。

今日は、嵐のコンサートもあったみたいで(?)加えて嵐ファンの方もお疲れ様でした。

右隣だった方へ、サイリウムをバッグに入れていただいてありがとうございました。おしゃべりも出来て、嬉しかったです。

一緒に居てくれたフォロワーさんへ、今日はありがとう! また会いたいし、連番しようね(*´`)♡

豊洲PITスタッフさん、ライブスタッフさん、バンドの皆さん、天月くんへ。今日は、素敵な時間をありがとうございます。お疲れ様でした。楽しかったです!

豊洲公演に参戦した方、お疲れ様でした。

最後に、あなたへ。
閲覧ありがとうございます!

神戸公演参加の方も、楽しんで来てください。たかはしは、レポ待ってます……

それでは、今日は買う予定のないDVDを買い破産秒読みのたかはしからは以上です。

追伸 ツアーブックの厚さと、天月くんのビジュのよさに感動。1800円なだけ、あった◎

たかはし

独断と偏見で選ぶ、天月おすすめ曲。

天月-あまつき-

タイトルの通りです。

今回は、アルバムなどに収録されているオリジナル曲にしました。(そうなってるはず)

たかはしの独断と偏見しかない、曲選びですので参考または、「たかはしはこの曲が好きなんだなあ」程度に見ていただけるとありがたいです。

1位 Hello , My story

ライブでも、定番の1曲。
キンブレ回しながら、涙を流すライブのフィナーレソング(たかはし的)
初めてライブに参戦する人は、とりあえずこれと「ホシアイ」を聴いておけば間違いない。

「ごらん、あの月のように君を照らしたい。他の誰かじゃなくて、君だけでいい。太陽のように強く、なれないかもしれない。それでも、強くなりたい」

という歌詞が、すごく好きです。
特に、「強くなりたい」のとこの歌い方が好き。

2位 チェインカルテ

ただ、ひたすらにかっこいい。
初めて聴いたときに、すごくビックリしました。だって、かっこいい……
はしやんのラップのかっこよさと、たかはし大好きかっこいい天月くんを堪能出来る1曲です。
1度聴くとハマる(はず)ので、聴いてほしい…… そして、また生で聴きたい……(切実)

「開いた扉見て、立ち尽くし世界が歪む。錆びた現実は、あ"ぁ」の「あ"ぁ」が、たまらない。

「窓を叩いて」と歌い出す時は小さいのに、「ぐるぐるぐるぐる、考えたんだ」までに大きくなっていくのも好きです。

かっこいい歌が好きなので、どタイプの曲調と歌詞でした◎


3位 流れ星

あの、MVかっこよくないですか?オシャレじゃないですか?初回買って良かった……

もう1人の自担を彷彿させる曲名も、大好きです。

「大げさなことではなくて」の「て」、「僕のすべては君なんだよ」の「よ」と、「今なら星すら掴めるんだ」の「だ」の優しい言い方にドキドキ。

「ねぇ、こんな日々が何よりも大切だって、守りたいって、願いは時を越えて。いつまでも消えない光になれ」のとこのメロディーが、大好きです。特に、「て」
の発音と「願いは時を越えて」の裏返り(あったはず)が大好きです。

最近、在宅マンしているので生で聴けていないのが悔やまれる……

4位 コスモノート

歌詞を、Twitterの現在地設定にしてる人居たよね?(してた)
私的にキンブレ回すのが、すごく楽しいと思っている1曲。

やはり、コスモノートと言えば「きっと冥王星より遠くて、月よりも不確かな場所へと君は還っていく」という歌詞が耳に残ります。

5位 White Line

halyosyさん、作詞作曲の1曲。
初めて聴いたときに、すごく「 Fire◎Flower 」味を感じました。

「行かないで、そう言えてたら」という歌い出しに、息を呑みました。
爽やかな曲調に、halyosy節を感じます。

ちょっとノリ方がいまいち掴め切れてませんが、是非生で聴きたいです。

6位 With all one's might

「這いつくばったって、諦めないで生きていく。それしか、出来ないんだよ 」

という歌詞に、背中を押されます。
いい曲なのですが、フリーライブで物販されたミニアルバムに収録されている曲で入手がなかなか難しい(?)かもしれませんが、是非聴いてほしです。

7位 星月夜

「彷徨うは、星月夜」の、こぶし(?)が大大大好きです。

こちらは、天月くんも出ていた舞台の曲。
たかはしは天月くんの演技を、残念なことに見たことがないので1度見てみたいものです。

8位 ナノ・レンズ

2位にある「チェインカルテ」と同じMelostです。
が、この曲は曲調もポップでどちらかといったらかわいい曲だと思います。

9位 Hello

「君ヲ想フ月」収録曲です。

聴いたことない人も、いるかもしれない天月くんのソロ曲。
曲調が、好き。(さっきから、それしか言っていない)
昔の歌だから、もう歌わないかもしれませんがいつの日かライブで歌ってもらいたいです。

10位 スイートシュガースティック

「 Melodic note. 」収録曲です。

キラキラかわいい歌詞と、曲調。かわいいを極めた1曲……

とくに、英語のとこが好きです。
これも、生で聴きたいな天月くん……?(わがまま)


※今回は、天月くんのオリジナル曲に限定しました。

とりあえず、来年こそはいっぱい天月くんの現場にいきます。

そういえば、2nd singleのCM見ましたか?

かっこよかったですよね。会報もかっこよかったですし…… ファンクラブ、入り直さなきゃとつくづく思う今日このごろです。

天月-あまつき- 2nd Major Single『DiVE!!』
12/14 発売 !

よろしくお願いしますm(*_ _)m


たかはし

溺れるタカハシ(※ネタバレ注意)

ジャニーズWEST

待ちに待った溺れるナイフ、公開初日の1番最初…… とは言わずも公開初日に見に行くことが出来ました。

とりあえず、一言だけ。

「やばい(語彙力無し)」

リア恋枠岡大毅演じる大友だけを危険視していたため、範囲外の菅田将暉演じるコウちゃんのあの儚さと鋭いナイフのような危うさに、まずやられました。1発K.O. っス!

最初の小松菜奈ちゃん演じる夏芽が、モデルをしているシーン。
衣装も、夏芽も可愛かった…… くそ、あんなガールガールしたお洋服が似合う女の子になりたかった…… 車での不機嫌な夏芽、かわいい…… 生まれ変わったら、小松菜奈ちゃんか菜々緖になりたい人生です。

そしてやはり、溺れるナイフといったら海のシーン(たかはし的に)。

最初の夏芽とコウちゃんが出会い、海にドボンのシーンは原作を読んだときにも衝撃的でした。
それからの、タイトル。

入り方が、好きです……

転校生として、夏芽が紹介されるシーン。芸能人が来たとざわつく教室…… いいなあ、私の学校にもジャニーズ(限定)とか転校してこないかなー

まあ、もうすぐ卒業なんですけど。

そこでスクリーンに映る、大友。
完全な不意打ち岡大毅(中学生)に、心臓が止まりました。

ワイシャツ似合いすぎかよ…… 最高かよ……

原作だと最初の方はコウちゃんばっかりで大友のイメージは薄いのですが、映画だと最初から大友の出番があって! どうせそんなに出ないんたろうなあと思っていたので嬉しかったですが、なにせ大友岡大毅は心臓に悪い。

夏芽に喋りかける声のトーン(優しい)、「干された」と言われ怒った夏芽に、神さんの海に入っていたことをバラされコウちゃんを問い詰めるときの声、海には入るなと夏芽に忠告するときの声…… 好きだ。

意味わからないぐらい、かっこよくてもうしんどいの極み。(語彙力ない)

中学生のシーンでは、「どうして、私の中学生時代(黒歴史)にはあんな同級生がいなかったのだろうか」と頭を抱えました。

それにしても、10代が上白石ちゃんしかいないのに中学生を演じてしまう御三方が素晴らしい…… 小松菜奈ちゃんが中でも私的にはとくに違和感なかった。

度々見える、夏芽のめんどくさい彼女感にはそう思いながらも「なんてかわいいんだ」としか思えず…… かわいいってズルい。

コウちゃんもコウちゃんで、あのジュースのシーンえっちいしかっこいいし…… ズルい。

カメラマン 広能を演じた志磨遼平さん。 あのダルい感じとめんどくさくウザい感じが広能さんで、よかったです。ただ、すごくわがままを言うならもっとおじさんでも良かったな…… なんて思っても、適役が思い浮かばないので監督の目は間違ってない。

火祭りのシーンでは何をイメージした化粧なのかは分かりませんがあの大友、可愛かったです。
天狗の仮面のコウちゃん。似合いすぎてて、びっくりです。

この後は、ちょっと見るのがキツかった方も居たのではないでしょうか。
行き過ぎたファンにありがちなセリフが、とてもリアルでしたね。

コウちゃんが、泣くところでは夏芽の眼差しの意味を考えました。私が出した答えは、夏芽にとってコウちゃんは神さんだったので「あのコウちゃんが……」という落胆を含んでいたのではと勝手に考察。

時は流れ、高校生に……

お昼のシーン、大友くんのなんの柄も色もないThe少年みたいなステンレス性の銀色の水筒とお弁当箱にやられていると「品がない」なんてお言葉が!

正直、ありがたみと言われたさしかなったです。

「昼飯食う気うせた」とか、ちょっとヲタク「はひぃ!///」みたいになっちゃう……

夏芽とのお昼のシーンは、ただただかわいかったしかわいい以外のなにものでもない。眉毛のくだり最高すぎる……

ここから、さらにリア恋感が増して多くのヲタクを恋という落とし穴に落とし苦しめたに違いない。私は、被害者の1人だ。

2回目(あってるかな?)の海ドボンシーンでは、大人になったり成長していくにつれて現実という冷たいものを突きつけられ葛藤していると考察しました。

夏芽の弟 竜太とキャッチボールをする大友。

はい、リア恋!
その、近所のお兄ちゃん感に100点!

そこにすぶ濡れで帰ってきた夏芽に、タオルを貸す大友。

私も海に落ちてくるから、それ貸してほしい……

噂のバッティングセンターのシーン(夏芽との)では、思わず「アイスの棒になりてえ」と声に出てしまいました。

お次はお待ちかねのキスシーン…… なのですが、もし見ている方で、映画を見ていないセルフネタバレマンがいらっしゃったら先に言っときます。

映画を、見てくれ。

Twitterで動画を見てしまった方もいると思いますが、映画を見てくれ。

息ができない。

一緒に見ていた友人(神山坦)と、悶えました。

しんどいを通りこして、苦しいから殺して欲しい。溺死ポイントに、案の定溺れ死にました。

しかし、あんなにお似合いだったのに別れる2人…… 分かってはいたけど、辛い。

別れを切り出した夏芽を押し倒す、雄岡大毅。
ほとばしる雄味に、リア恋枠の名は伊達じゃないと再確認。
泣く夏目に笑ってといい、笑わせるために歌う大友。

このシーンでは、可愛さのあまりに涙が滲みました。

再び火祭りのシーンでは、もう出番はないかと思っていた大友氏の登場。
大友氏は、青春をイカ焼きに捧げると宣言。

はあ!そのイカ焼き食べてえ!
イカ食べれないけど!

そしてまた、あの行き過ぎた夏芽ファンの男の登場。

そろそろ、夢から覚めて現実見ろよ!と思ったのですが、よくよく考えたら私も人のこと言えないぞ……ヲタクって怖い(小並感)

激しい音楽と、火祭りのコウちゃんのダンスとともに振り返る回想は、見ている人間の目を離さない。釘付け。

男は、夏芽の持っていたナイフで喉を……ちょっと、思わず目を覆ってしまって覚えていないのですが1番見るのに堪えた。
あまりそういうのが、得意でないので本当に見れなかった。

ネタバレは出来ないから言えないのはしょうがないけれど、少し注意があっても良いのかな…… と。でも、言っちゃうと面白さが半減するからしょうがない。映画の難しいところ。

男の血のついたナイフを見せ、カナは夏芽に「もうコウちゃんに近寄らないで」と言う。その言葉は、「妬み」なのか「ただの嫌悪」なのか。それとも、どちらもか。

あのシーンの後にある、ナイフが海に落とされる場面。ああ、溺れるナイフ

終わりはハッピーエンドなのかどうなのか分かりづらい、すっきりしない終わり方でちょっと「そこで終わるか!」となりましたが、もう1度見たいと思う素敵な作品でした。

やはり端折ったりした部分などが多く、スピーディで理解出来ないままスラスラ進んでいっちゃってよく分からないと思う方も多いはず。 またそうでなくても、是非原作を読んでもらいたい。

カナの心情と変わりよう、コウちゃんと夏芽のその後など。映画よりもドロドロとして、ナイフのような鋭さがました、普通の少女漫画と違う世界観がクセになります。

内容が分かると、もっともっと面白くなる。

最近の漫画などの実写化映画は実写化≠原作で、原作ファンからしたら実写化派に対して嫌悪を抱くことも多くないと思います。実写化を見て、原作を見ようと思う人が少ない気がする…… (偏見)

しかし、この映画は映画だけでは全てを語らず、原作に興味を持たせるのが上手い!

ってことで、原作である 溺れるナイフ 全17巻 是非、ご一読しろください。

ダラダラ感想を垂れ流してきましたが簡潔にまとめると、

・リア恋枠岡大毅しんどい
・写真集を見せるシーンの時の、リュックを背負い直す菅田将暉がしんどい
小松菜奈ちゃんのめんどくさい彼女感とか、もうただたた可愛くてしんどい

以上です。

それに加えて、映画をみた方で原作を見ていない方は是非原作を見ましょう。(しつこい)

近々また、見に行くつもりです。

たかはし