天体観測

24時間年中無休で、自担がしんどい。

実写化するななら、是非七五三掛龍也くんに出演してもらいたい少女漫画3選

お久しぶりです。どうも、たかはしです。
毎日が暑くて、デロデロに溶けている今日この頃であります。皆様はいかがお過ごしでしょうか。
最後に更新したときはまだ、華の女子高生だったと気付き時の流れの早いことに恐怖しています。現在は専門学生に進みまして、もうすぐ本格的に始まる就活に怯えております。

しかし、そんな中でもヲタクはヲタクなので推しを追いかけることはやめられない!!

つい最近までは、某探偵漫画のヲタクをしていました(3執行済)。いやはや、彼は恐ろしい男です。
そのため実は、我が軍の情報に追いついていないんです。なんてこった。
とりあえず、神山くんと重岡大毅宇宙を駆けるよだか実写ドラマへの出演とニューシングルの発売、それから舞台各種ぐらいしか把握してません。ヲタクとしてお恥ずかしい次第です。

いやあ、それにしても「マリウス」の桐山くん凄かったですね。どこぞのテレビ雑誌にて写真を見たぐらいなのですが、熱い口付けを交わしており思わず「ひええ!!」ってなりました。おヒゲもお似合いでした。柴犬から、シェパードになった感がありましたね。

そして、宇宙を駆けるよだか実写ドラマへの出演おめでとうございます。原作は、ネット広告を見たのをきっかけに出会った作品です。爽やかな題名とは裏腹に、ダークな内容で少女漫画としてはすこし重めなお話ですが、とても面白い作品です(川端先生の書いてらっしゃる、箱庭のソレイユもおすすめです。是非、読んで見てください)。まさかそんな好きな作品の実写ドラマに、神山くんと重岡大毅W主演だなんて想像してなかった。
なので、とてつもなく嬉しいし楽しみなのですがCMを見て危機感しか感じない。やばいって、あれは。

と、ここでお気付きになられた方もいると思います。

そうなんです!この度、たかはしはついにジャニーズJr.にハマりました!!

推しは、Travis Japan の七五三掛 龍也くんです。
今週末キスマイさんのコンサートに行く機会を頂きました。予習のためにまずは、バックのJr.からお勉強しようと思いこの春開設されたジャニーズJr.チャンネルに上がってる動画(Travis Japanは毎週木曜日に動画をUPしています)を見始めたが始まりです。
気付いたら、ジャニーズJr.情報局に入会してました(しめくんに出会って2日目の出来事)。
とっても軽率なヲタク過ぎて、自分でもドン引きしてます。

何せ、彼はギャップが激しいんです。ゲリラ豪雨みたい(?)。華奢な体躯とかわいいお顔をしているしめくんなんですけど、脱ぐと凄い(ヌルヌルツイスター参照)。
そして、ダンスが雄味に溢れてる。沼に引きずり込まれました。けれど、喋ると天然120%のふわふわ天使さん。はっきり言って、沼以外の何者でもない。
むしろ、Travis Japanがまるっと沼。(ちなみに、こっそり吉澤閑也くんも推してます)

そんなしめくんはダンスもお歌も上手なんですけど、演技も上手なんです。先月放送した、「あにいもうと」というドラマでのひとつひとつ丁寧にお芝居していて、とっても素敵でした。
こちらもお友達のおかげで、しめくんと同じくTravis Japan 宮近海斗くんと中村海人くんが出演する舞台に誘っていただけまして、今からワクワクです。頑張って、いまを生きます。(そもそも、Travis Japanにハマったのもお友達の影響なんですけどね。ありがとう)

さてさて、そこで恒例(?)の「実写化するなら是非出演していただきたい少女漫画」をプレゼンして行きたいと思います。

WESTさん編はこちら
http://shootingstar0818-21.hatenablog.com/entry/2016/12/05/213242

① 「君は春に目を醒ます」 作者:縞あさと

▷いじめっ子から守ってくれるお兄ちゃん 千遥くん

この漫画は、電車の広告で惹かれた作品です。題名と絵柄がとても好みでした。
家同士が仲の良い、近所の、歳上の、お兄ちゃんに恋するという少女漫画に多い設定ですが、彼が「コールドスリープ」をして同い歳に!というのが新鮮で惹かれました。そもそも、「コールドスリープ」がすごい性癖にドンピシャ。中々、見かけない近未来的な設定ですよね。素敵。お話もとても面白くて、2巻ともすぐ読み切っちゃいました。
主人公──絃ちゃんを妹としか見てない千遥くんと絃ちゃんの、甘酸っぱくてむず痒いやり取りにうずうずしてしまいます。そこから、段々恋に気付いていきハッピーエンドになるんですよね。その間の読者のどきどき感は、少女漫画の醍醐味です。

あーん、3巻早く読みたい!来年まで待てません!

そして、絃ちゃんに片想いする元いじめっ子の弥太郎。彼の恋路の行方は見え見えではありますが、それでも応援してしまいます。頑張れ、弥太郎!

この作品を選んだ理由は、初めて千遥くんを見たときにしめくんにしか見えなかったんです。しかし、読んでみてもしめくんにしか見えない。かわいい顔立ちや華奢な感じ、もうシンクロ率100%です(たかはし調べ)。
千遥くんは弓道部なのですが、弓道部のしめくんもみたい。お兄ちゃんなしめくんもみたい。
是非、実写化する際は七五三掛龍也の起用をお願いします。

②「蛍火の杜へ」 作者:緑川ゆき

▷人でも妖怪でもない不思議な少年 ギン

夏目友人帳」の作者 緑川ゆき先生の作品です。実は、「夏目友人帳」の原点だそうです。確かに、ギンは夏目にそっくりですもんね。
まだ見たことない方は漫画も映画もありますので、是非見てみてください。泣きます。
このお話も、妖怪と人間のお話になってます。そのため、実際に実写化すると違和感が過ごそう。ファンタジー系の実写化は、特に当たり外れが大きい気がします。本当にやったら、ファンも多いためバッシングが凄そうなので、脳内だけで楽しんでます。
是非、皆さんも脳内でお楽しみください。
あにいもうと」を見てから、しめくんの男の子らしい言葉遣いに胸の高鳴りが止まりません。ギンの言葉遣いされたら、ギュンギュンですね。
はーもう、この想像のまま映画になってくれればいいのに(自画自賛)。
最後に、主人公──蛍に向かって両手を広げて「来い、蛍。やっとお前に触れる」という台詞があるのですが、あんなの泣く。そして、枯れる。
私も、しめくんの胸に飛び込みたい。
そんな作品です。是非、完璧にCGを使いこなせるようになった暁には実写化していただきたいです。もちろん、七五三掛 龍也くん主演で。

③理想的ボーイフレンド 作者:綾瀬羽美

▷彼氏のフリから始まった彼氏くん 春田くん

初めて読んだ時は、思わず「そう来たか!」と驚きました。ちょっと始まり方が新鮮な気がします。少女漫画って、基本的に最初から好き(片想いしてる)な人と結ばれるパターンと最初は嫌い(またはなんとも想ってない)から恋に落ちて(気付いて)結ばれるパターンが多いじゃないですか。あとはこの漫画のように、好きな人に彼女(好きな人)がいてパターン。でもそれが親友ってパターン、少ないと思うんです(たかはし調べ)。
そこと、お話の面白さや絵柄の可愛さに惹かれました。
しかし、上記の2作品と違って手持ちにないんですよね(某レンタルショップさんにて、レンタルしました)。そのため、内容が薄いかもしれません。是非、そう感じた場合は読んでみてください。
春田くんは、妹が大好きなシスコンくん。そんなシスコン具合をしめくん(実際に妹がいるお兄ちゃん)で見てみたい。また、妹ちゃんもお兄ちゃんが好きなんです。シスコンブラコンで、可愛らしい兄弟ですね。
妹ちゃん初登場の学園祭の時に、ネコのコスプレをした主人公のライバルちゃんとアルパカのコスプレをした主人公──結紗ちゃんを敵視した冷たい視線。そして帰り際の、「アルパカもネコも嫌」という台詞。お兄ちゃんは、罪な男ですね。
そして、是非メイキングで女の子と戯れるしめくんが観たい。お兄ちゃんガチャみたいな感じになるのかな。岸くんと理央ちゃんみたいな関係を想像してます。かわいい。
是非、実写化する際は七五三掛龍也くんの起用お願いします。その時はDVD BOXに、ちゃんとメイキング付けてください。


いかがでしたでしょうか。お楽しみいただけたら、幸いです。もちろん、異論は受け付けますがあくまで個人の妄想ですのでそこはご理解ください。
是非他のメンバーでもやってみたいと思っているので、少女漫画の開拓がもっと進んだら今度はTravis 少女漫画パロ Japan出来たらいいなあと思ってます(使い方分かってない)。

少女漫画って素晴らしい!!

2018/07/10 たかはし。


P.S. 私の最近のおすすめは紹介した作品はもちろん、

「木陰くんは魔女。」
▷作者:小森羊仔
「てをつなごうよ」
▷作者:目黒あむ
「恋わずらいのエリー」
▷作者:藤もも
「午前0時、キスしに来てよ」
▷作者:みきもと凜

最近気になるのは、

「雲一族と泥ガール」
▷作者:三月えみ
「執事たちの沈黙」
▷作者:桜田

偏食が強いので、中々開拓が進まないことも多いため是非Twitterやコメントでおすすめを教えてもらいたい。あわよくば、他の方にも「もし、実写化するならば推しに出演してもらいたい少女漫画レビュー」してもらいたいという欲があります。